たった30分で、予算と予実管理の悩みをクリアできる
もっとも利用されている予算クラウドの実力とは?
意思決定の効率化・高度化を実現する経営管理プラットフォーム Workday Adaptive Planning

オンライン セミナー

コンサルタントとQAができる
ソリューションを一緒に考える
10月のテーマは 予算管理のガバナンス方法 です
10月20日
(火)
13時30〜14時00
開催!!


参加無料!!

3つの特徴

features
01
実績豊富な予算・予実コンサルタントが優しく説明する
  • Excelの集計作業がもう限界。これ以上の手作業には対応できない。
  • 役員会の資料作成でまた残業。分析なんて夢の先。…何とかしたい。
  • 集計ミスがあっても誰も気づかない。株主総会やIR情報に関連する事を考えると末恐ろしい。
  • 予算実績の突合せにひと苦労。配賦も償却計算も自動化してほしい。
02
聞きたいことは聞ける
  • 役員会資料の数字が、予想感覚と合わない。報告精度の問題。
  • 依頼した分析情報がタイムリーに出てこない。スピードの問題。
  • ユニット別の利益率やセグメント見通しなど肝心の内訳が分からない。
  • 網羅性の問題。黒字まで追加で幾ら必要なのかがわからない。シミュレーションの問題。
03
個別に追加質問あれば対応可能です。
今回セミナーでは、
参加された方の課題をヒアリングし、多数な国内導入事例から、導入前の課題と、導入後の改良結果をご紹介し、その場でその課題解決に焦点を当てたのデモを実施いたします。
その場で対応不可能なリクエストは後日フォローアップさせていただきます。
03
個別に追加質問あれば対応可能です。
今回セミナーでは、
参加された方の課題をヒアリングし、多数な国内導入事例から、導入前の課題と、導入後の改良結果をご紹介し、その場でその課題解決に焦点を当てたのデモを実施いたします。
その場で対応不可能なリクエストは後日フォローアップさせていただきます。

こんな方にオススメ

recommendation
大量なExcel集計が手作業で大変!
属人的なプロセスになってしまい、他の社員に手伝ってもらえません。
他社のベストプラクティスが知りたい
役員会用のデータ作成と資料の準備は時間がない
役員会用のデータ作成と資料の準備は時間がない
今回は、Adaptiveの全体像と特徴を30分でご紹介いたします。
課題解決体験型ワークショップ
課題解決体験型ワークショップ

ご利用いただいたユーザーの声

customersvoices
東京都 レンタル業界
・集計数値への信頼感の向上

エクセルでの予算管理では実現出来ていなかった科目/シートのロック機能によって、エンドユーザーが数式を崩すことなく自動集計されるようになり集計された値に対する余計な心配がなくなりました。さらに数式などを設定した場合の各数値根拠に1クリックで参照できるためデータ分析や誤入力のチェックなども効率的に行なえるよ うになりました。

・現場ユーザの入力工数も削減

これまで現場ユーザが手元で計算していたものもAdaptive Planningの中で自動計算できるようになりました。具体的には、現場マネージャーがチーム内で人員移動や新しいメンバーが加入した際に、名称記入と 職掌を選択するだけで自動的に人件費が算出されるようになりました。

・データ分析時間が40%増加

経理部ではデータの修正や検証時間が半減されたため、空いた時間を数値分析に当てています。以前と比較しますと数値分析に割く時間は予算管理業務全体の20%程であったものが 50?60%へと倍増しています。BI機能を持つAdaptive Planningはレポート(≒集計結果)から現場ユーザが入力した1セルまでドリルダウンしていけるためとても数値分析が楽です。

東京都 飲料生産

かねてから数年間にわたり管理会計ソリューション、BIツールの情報収集、システム選定を進めていましたが既存のシステムはオンプレミス型(=システムを社内に導入して利用する形態)がほとんどであり、価格は数千万円から数億円、納期も早くても4か月から半年と、当初の予算に見合うものは見つかりませんでした。

そんななかBusiness Planning Cloudは数百万円、2~3ヶ月という価格と納期で導入でき、システム導入後も担当部署にて機能の追加、利用範囲の拡大を設定できる点に大きな強みがありました。導入においても可能な限り機能要望が反映され、予定通りの納品が完了しました。

東京都 銀行
他社の製品でも似たようなことができるのかもしれませんが、たとえば他の2社のキューブ(=多次元)構造の製品だと事前に要件が固まっていないといけない等の制約がありました。段階的な拡張設定ができないと今後のビジネス再編などが発生した場合、初期に設定した内容に運用が制限されてしまったり、既設内容に対する改修の影響が大きくなるなど、現場運営への負の影響やシステムコスト肥大化等のリスクが大きくなる可能性があります。
その点、Business Planning Cloudは入力フォームやロジックをユーザが自由に編集できる柔軟な製品でしたので前述のようなリスクが低いと評価しました。
東京都 銀行
他社の製品でも似たようなことができるのかもしれませんが、たとえば他の2社のキューブ(=多次元)構造の製品だと事前に要件が固まっていないといけない等の制約がありました。段階的な拡張設定ができないと今後のビジネス再編などが発生した場合、初期に設定した内容に運用が制限されてしまったり、既設内容に対する改修の影響が大きくなるなど、現場運営への負の影響やシステムコスト肥大化等のリスクが大きくなる可能性があります。
その点、Business Planning Cloudは入力フォームやロジックをユーザが自由に編集できる柔軟な製品でしたので前述のようなリスクが低いと評価しました。

よくある質問

FAQs
  • Q
    セミナーの内容は?
    A
    30分の過ごし方です:
    5分:ご紹介、会社とサービス紹介、セミナーのススメ方
    15分:予算・予実管理のベストプラクティス(ソフトウェア機能を利用して)
    10分:QAセッション
  • Q
    接続方法を教えて下さい
    A
    下記お申込みのあと、カレンダー招待をメールでご送付いたします。
    そのカレンダー招待にアクセス先リンクの記載があります。
    セミナー開催の一週間前に改めてメールでご連絡いたします。
    Zoomについてはこちらで確認できます:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
    5分〜10分前に接続テストを行います。
  • Q
    質問はどうやってできますか?
    A
    リモートのツールに、チャット機能があります。そこにセミナー中に質問をご記入ください。オプションとしては、講師への質問と、全員に公開することもできます。
    その場で質問あるいは回答ができていない際に、もちろん別途でメールでご連絡可能です。
  • Q
    参加費はありますか?
    A
    参加はもちろん無料です。
  • Q
    質問はどうやってできますか?
    A
    リモートのツールに、チャット機能があります。そこにセミナー中に質問をご記入ください。オプションとしては、講師への質問と、全員に公開することもできます。
    その場で質問あるいは回答ができていない際に、もちろん別途でメールでご連絡可能です。

ウェビナーのエントリー

オンライン・セミナー

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信する